定期預金の当座貸越とは?カードローンと比較してどっちがオトク?

当座貸越とは?

当座貸越とは、銀行の円普通預金の残高が不足した時に、その銀行に預け入れている定期預金などの所定の金融商品を担保にして不足分の金額を自動的に借り入れることができるサービスです。貸越限度額は預け入れている定期預金の金額の90%か200万円のどちらかの少ない金額として設定されているのが一般的です。当座貸越を利用すると円普通預金の残高が一時的にマイナスになると同時に、マイナスとなっている金額を円普通預金に入金することで自動的に当座貸越の返済も完了します。

 

大手銀行・ネット銀行の定期預金を担保とした当座貸越の比較

当座貸越利率

(年利)

諸条件
新生銀行 年1.880% 利用限度額は、担保定期預金合計額の90%もしくは500万円のいずれか低い金額
ソニー銀行 取扱なし
住信SBIネット銀行 年1.675 % 利用限度額は、担保にできる預金の合計額の90%か200万円のいずれか低い金額
楽天銀行 取扱なし
じぶん銀行 取扱なし
三菱UFJ銀行 定期預金の利率に年0.500%上乗せ ※定期預金を担保とした当座貸越の場合

利用限度額は、担保にできる預金の合計額の90%か200万円のいずれか低い金額

みずほ銀行
三井住友銀行

※上記は2017年8月21日現在。各社公式ホームページより。当サイト調べ。

 

メガバンク3行は諸条件や適用する金利もすべて横並びとなっています。住信SBIネット銀行は利率は独自で設定してありますが、利用可能限度額はメガバンクと同様となっています。新生銀行の場合、利率も異なりますが利用限度額が500万円までと一般的な銀行の貸越限度額よりもかなり大きな金額の借入が可能です

 

カードローンの比較

当座貸越は定期預金などを担保として自由にお金を借りたり返したりができる商品ですが、そのような用途に対応する金融商品として代表的なのはカードローンが挙げられます。カードローンは「無担保」ですので、単純に比較することはできませんが、金利や限度額にどのような違いがあるか確認しておきましょう。

金利

(実質年利)

借入限度額
三菱UFJ銀行カードローン バンクイック 1.800% ~ 14.600% 500万円
三井住友銀行カードローン 4.000% ~ 14.500% 800万円
みずほ銀行カードローン 2.000% ~ 14.000% 800万円
住信SBIネット銀行 MR.カードローン 0.990% ~ 14.790 1200万円
新生銀行カードローン レイク 4.500% ~ 18.000 500万円
プロミスのカードローン 4.500% ~ 17.800% 500万円
オリックス銀行カードローン 1.700% ~ 17.800% 800万円
じぶん銀行カードローン(au限定割) 2.100% ~ 17.400% 800万円

※上記は2017年8月21日現在。各社公式ホームページより。当サイト調べ。

 

当座貸越とカードローンはどっちがオトク?

当然、「担保」が必要な当座貸越の方が利率の面では有利です。限度額の上限は当座貸越よりも高めに設定されていますが、カードローンの利用には審査がありますので上記に記載の限度額を設定してもらえる可能性はかなり低いと考えておきましょう。

 

当座貸越とカードローンの比較

当座貸越 カードローン
担保 必要 不要
審査 無し 必要
借り入れ・返済 限度額の範囲内で自由に借り入れ・返済あ
金利 カードローンより有利 当座貸越よりは高い
返済方法 円普通預金に入金 金融機関所定の方法

当座貸越は定期預金などの金融商品をあらかじめ利用している人のために、一時的にかつ簡単に貸出しできるようにしているサービスです。そのため、カードローンを初めて利用するときのような審査や利用可能額を定める工程がないという特徴があります。

 

定期預金の解約と当座貸越について

銀行に定期預金を預けているわけですから、急な出費に対応できるだけの資産を持っているわけです。当座貸越にせよカードローンにせて定期預金に比べると金利は圧倒的に高く、普通に考えれば定期預金を解約したお金で出費に対応した方が利息を払う必要もないので得策です。

ただし

・一時的に資金が必要だがすぐにそのお金が入金可能なことがわかっている場合

・定期預金の預入ている期間が長くかつ比較的高い金利である場合

このような場合は、「当座貸越の利用で発生する利息」と「定期預金の解約に伴う中途解約利率」などを考慮すると当座貸越で凌ぐ方がオトクになる可能性もあります。その場合でも「当座貸越の利用期間はできるだけ短く」「円普通預金のマイナスの金額はできるだけ少なく」するように注意しましょう。

 

 

 


関連記事


定期預金(1年未満)金利比較ランキング


おすすめ記事




過去の記事